木工房じゅん(Craft Jun)

八ヶ岳南麓 木工品の製作販売 木工房じゅん(Craft Jun)からの情報発信です

事務所小屋の建築 その1

パソコン作業場所、作品撮影場所、作品保管場所、梱包場所などが自宅内で分散しており、注文が重なると煩雑になってきました。写真撮影も天気に左右されています。又、クラフトフェア用のテント、テーブルや備品の保管場所も整理が出来ていません。

そこで約3坪の事務所小屋を建築することとにしました。

現在の工房は3坪の建屋が3棟連なっています。一人で建築するには3坪位が体力的にも資材の調達にしても、ちょうど良いです。

当初、今回はパネルキットを検討していたのですが、やはり、手が出ないので自作することとしました。

木工と違って、体力が必要になりますが、それなりにおもしろいです。

工房同様、今回も2x4材を使用したパネル工法です。

床パネルが施工が終わると、長尺の2x4材を切断したり、組立したりする場所が確保できるようになります。壁パネル、屋根トラスを前もって作っておき、天気が2-3日続く日を見計らって、屋根の防水シート貼り付けまでを一気に行う予定です。

この時期は”晴れが3日続かない”ので、天気に左右されそうですが、3月末までには一部内装まで仕上げて、撮影や出荷などが一箇所でできるようにしたいです。

 

2日間程かかって、基礎、根太取付が終わりました。終わったー!

当方にとって、地球を相手にスコップで格闘するのが一番大変です。

今回は機械を置かない事務所小屋ですから、穴掘りを最低限とし、多少、簡略しました。

f:id:craftjun:20150302155545p:plain

クラフトフェア用備品を小屋の中に保管できるスペースはないので、軒側(写真の手前側)からひさしを出して場所を確保する予定です。

構造用合板3x6、2x4材の納品待ちです。今週中には分納含め配達されるようです。

昨今、運送会社が長尺物を取り扱わなかったり、プラスアルファの送料がかかったりしています。トラックドライバーが不足しており、運送業界も大変だと聞きました。

個人が、数年前のように木材などの長尺物の運送をさほど気にすることなく購入することが、だんだんと出来なくなってくる時代なのかもしれません。