木工房じゅん(Craft Jun)

八ヶ岳南麓 木工品の製作販売 木工房じゅん(Craft Jun)からの情報発信です

木製食器関連のメンテナンス

下記のメンテナンスを行っていただくとより長くお使いいただけます。

*水洗いの後や表面がパサパサしてきたら、1)の研磨からお願いします。
*撥水性が弱まってきましたら、6)のオイル塗布からお願いします。

1)サンドペーパーを8等分する。
*サンドペーパーの使用する番手は#320から#400程度
*番手は数字が大きい程、細かいです。

サンドペーパー8等分500name

 

2)8等分したサンドペーパーを三つ折りにする。
*三つ折りすると、研磨中にサンドペーパーが滑りにくいです。

サンドペーパー三つ折りname

 

3)表面を木目方向に研磨する。
*木目方向に研磨すると研磨キズが目立ちにくいです。
*力を入れすぎないよう軽く研磨してください。

表面研磨500name

 

4)側面を研磨する。
*木目を気にしなくても大丈夫です。

木口研磨500name

 

5)研磨カスをキッチンペーパータオルなどで取り除く。

ペーパー準備500name

 

6)半分の大きさに切ったキッチンペーパータオルにオイルを染みこませて、木の表面にすり込む。

オイル塗布500name

 

7)全体をキッチンペーパータオルで拭き上げる。
*余分なオイルを拭き取るようにします。

8)乾燥させる。
直射日光を当てないで乾燥してください。直射日光を当てると反りがでたり、ヒビが入ったりする場合があります。

(備考)
*使用するオイルは安全な食用の胡桃オイルやグレープシードオイルが最適です。お手元にない場合はオリーブオイルなどをご使用ください。乾性油の胡桃オイルやグレープシードオイルと違って、オリーブオイルは未乾性油です。オリーブオイルをつけすぎるといつまでもベタベタしますので、薄く伸ばしてください。。

*通常、研磨カスの除去やオイル塗布には布切れを使用しますが、用意しやすいキッチンペーパータオルが便利です。

(2013年9月)