木工房じゅん(Craft Jun)

八ヶ岳南麓 木工品の製作販売 木工房じゅん(Craft Jun)からの情報発信です

三ツ頭山行

今年、毎月1回(4月から11月)の日帰山登りを予定していた。実績は4月-前三ツ頭、5月-雨乞岳、7月-西岳、8月-蓼科山

いつでも気軽に行けるので、天気の悪い時や土日は避けたい。仕事が一段落し、天気が良い時にいきたいと思うと、案外、行ける日が無くなってしまう。
6月がそうであったように、朝寝坊してしまって、行けなかったこともある。

今回は残雪の残る4月にニホンカモシカに出会った前三ツ頭を目指すこととした。
前日までは7月にアブの大群でピークを踏んでいない西岳を考えていたが、出発前に急遽、変更。樹林地帯の西岳より、尾根道の方が景観も良く好きだからである。

1800m付近の紅葉

コースタイム
登山口(天女山駐車場)8:30~1800m石柱9:25~前三ツ頭山頂11:00~三ツ頭山頂11:50~山頂出発12:30~前三ツ頭山頂13:00~1800m石柱14:20~駐車場15:00

今回は5月の雨乞岳もそうであったように3才の愛犬(ミニチュアシュナウザー)と一緒である。

駐車場には10台ほどの車。駐車場から15分ほどの天の河原付近から紅葉が始まっている。秋の日差しがやさしく、汗も出ず、気持ちの良い登山日和である。

2時間ほど歩いて体調・時間的にも大丈夫そうなので、春には行けなかった三ツ頭山頂を目指すこととした。三ツ頭山頂には大昔、小泉口コースからの登りで2-3回ピークは踏んでいる。今やその山頂のイメージは零であるが。

三ツ頭 前三ツ頭山頂の紅葉

三ツ頭山頂で昼食タイム。いつものラーメン&おにぎり、コーヒー。頂上では大型犬を連れてこられた方含め、10人ほどと出会った。権現岳から下ってこられた方が多かった。(観音平-青年小屋経由-三ツ頭山頂-分岐路-観音平のコースの方も。)

西からの風に乗った雲が、たびたび、権現岳・赤岳を隠すので、その全容を見ることはなかった。

権現岳 赤岳 
  
権現岳・赤岳 北アルプス 槍・穂高?

下山途中からワン公の足取りが重そうである。たいがい、『ヒール』との声かけで左横を付いてくる。時にはちょっと前に出てしまう位なのだが、気がつくと数m程、後なのである。ひんしゅくを買いそうだが、人がいそうにない時はリードを外している。人の気配を感じるとリードをつけるようにしている。
結局、最後の30分をダッコとあいなった。

愛犬下山途中 くたばりかけ!