木工房じゅん(Craft Jun)

木工品の製作販売 木工房じゅん(Craft Jun)からの情報発信です

虫たち

まだまだ自然の残る八ヶ岳南麓。いろんな虫たちがいる。変な?変わった?虫たち。

ベッコウハゴロモの幼虫。体長3-5mmほど。尾にある毛の飾りがおもしろい。ネットで調べてみて名前がわかった。ネットに掲載されているベッコウハゴロモの幼虫の毛飾りはこの写真のものより立派なのが多いのに驚く。結構動くので撮影のために指先で止めようとした瞬間、ハイジャンプして見えなくなった。

ベッコウハゴロモの幼虫

ナナフシ。何度か見たことのある虫。同じ形で緑色の虫をナナフシと思っていたが、緑色の方はナナフシモドキ。モドキと言っても同じ仲間。
ナナフシの仲間

虫1。白樫の葉にいた。体長5-7mm位か。小さい蛾のよう見えるが、よくわからない。これも指先で触っている内、ハイジャンプでさよなら。
虫1

虫2。体長4cm位。柿にお住まい。枝に見せかける擬態のつもりだろう。天敵であろう鳥には通用するのだろう。蝶や蛾の仲間の幼虫と思うが。
虫2

虫3。体長3cm位。蛾の幼虫と思われる。立派な髭?ユーモラスさえ感じる。
虫3

ヤマヒル。変わった虫ではなく、嫌いな虫。今月初めに北八ヶ岳蓼科山樹林帯の登山道にて発見。大昔、近畿地方の山で遭遇した、いや、噛まれた経験がある。仲間が靴の中がかゆくて、ヤマヒルに食われていることがわかり、もしやと思い自分の足を見ると同様食われている。いつの間にか食いつく不気味さがとても嫌である。まさか、北八にも生息しているとは夢にも思っていなかった。
ヤマヒル