木工房じゅん(Craft Jun)

木工品の製作販売 木工房じゅん(Craft Jun)からの情報発信です

八ヶ岳連峰 西岳

先週、富士見高原の信濃境口コースを八ヶ岳連峰西岳に向かった。
コースのほとんどが苔で覆われた岩が点在する樹林帯の比較的緩やかな斜面である。

樹林帯

標高2300m付近の視界が開けた岩礫地に出ると、編笠岳、ギボシが見える。遠くには富士山も展望できる。この開けた場所から西岳頂上までは10分位だろうか。1時間ほど前から数匹のアブがまとわりついて、気になっていた。写真を撮り終え頂上に向かい始めたら、いつの間にか集団に囲まれ頂上を踏まず退却することにした。

編笠岳の登山口である観音平では、数年前よりアブが多く飛び交い、登山者を悩ますと八ヶ岳を知る知人より聞いていた。時期的には6月から8月頃だそうだ。

随分昔、南小谷駅だったと思うが、ここから白馬大池に向かう途中でアブに囲まれ、鼻や耳穴に入り込まれ嫌な思いをした経験がある。刺されたり噛まれたりした訳ではないが、兎に角うっとうしい。山ヒル同様、大嫌いだ。

信濃境口コースならば、アブもいないとの計算だったが、外れだった。この時期の編笠岳周辺は近寄れない。

不動清水 ギンリョウソウ

高山植物 高山植物

富士山 編笠